女性用媚薬の種類と効果について

媚薬というものは中世の頃に高級階級の間でもう大流行しました。ドイツの書物より古くから世間の注目を集め、今でも珍重されている媚薬についてを集めた文献を見つけました。
一般的に女性用媚薬の酒類には、飲むタイプ、塗るタイプ、香水タイプの3タイプあります。媚薬はその人によって効果やシチュエーションで効果が出方や効き目が異なりますので、幾つかの種類を試してみると良いかと思います。

・飲む媚薬
「飲むタイプ」の媚薬にも大きく分けて、飲み物に混ぜる「ドリンクタイプ(リキッドタイプ)」と固形状の「サプリメントタイプ」の2種類に分けられます。ドリンクタイプは行為の直前(30分~60分前)に服用するものが多いです。中には味の濃い媚薬もありますので、そういった場合にはコーヒーやココア等の濃い飲み物に混ぜると良いでしょう。そのためドリンクタイプの媚薬は、記載されている量より少し多めに使用した方が良いかも知れません。レビトラ
一方のサプリメントタイプは、毎日服用を続ける事で効果が現れるものが多いのが特徴です。もちろん、極端な効果が発揮されるものもありますが、どちらかと言えばじわじわと効果が現れるタイプです。特にこちらのタイプでは、疲労回復の効果もあるものも多く、飲み続けて損する事は無いかと思います。

・塗る媚薬
塗るタイプの媚薬は、基本的に女性の性器や乳首に塗る媚薬になります。塗るタイプの媚薬のほとんどは、全身に使用しても問題ないものが多いのですが、少し刺激の強いクリームの場合は、口に含んではいけない成分が含まれている事もあり、そういったものには注意が必要です。
また、匂いや味については、多くの商品が無味無臭だったり、甘い香りや味のするものばかりで安心です。不感症に悩む女性や、性行為の度に痛みを感じてしまう方にはオススメの媚薬です。

・香水媚薬
香水タイプの媚薬とは吹きかけるタイプのお手軽媚薬の事です。
このタイプは単に媚薬効果だけにとどまらず、対人関係向上の効果が期待できる商品も幾つかあるのが特徴です。
そして効果時間が比較的長く持続してくれるのも嬉しいところです。
ただ、他のタイプの媚薬よりも基本的に絶大な効果はあまり期待できないかも知れません。
ですので、他のタイプとの併用する事をオススメします。
香りが良い成分が配合されているものも多いので、人間関係を密にしたい時に持っておきたいタイプの1つです。

媚薬の使用時に現れる効果は:
・心臓がドキドキする
・気分が高揚する
・陰部が熱くなって濡れてくる
・体温が上昇する
・汗ばんでくる
個人差があるため、服用しても何も効果が現れない方もいますし、大きな効果を感じる方もいます。
媚薬で不感症の解消ことができます。不感症とは、「性的な刺激に対して何の興奮も覚えない」「何らかの事象に対して、何の感情的な反応も沸かない」状態になっている事をいいます。女性の場合では、不感症に類似する病気として冷感症というのもあります。
女性の不感症の原因は、過去の性的なトラウマ(強姦・近親相姦)、パートナーの裏切りによるトラウマ、性的な事が汚いという教育を受けて育った場合などが考えられています。接触することは平気なのに、密室でのセックスへ至る雰囲気を非常に嫌います。つまり精神的な部分による原因が多く、解消にはカウンセリング、あるいはパートナーの励まし、愛情を注ぐ等が必要になります。
媚薬を使った際の効果は、パートナーから愛情を受ける際に大きな手助け・きっかけにはなると思います。不感症の方は、解消の為に媚薬を試してみては如何でしょうか。