セックスレスの原因について

セックスレスとは、恋人または夫婦の間でセックスを行う頻度が減った状態のことを言います。日本性科学会によれば、”病気などの特別な理由がないにも関わらずカップルの間で1か月以上性交渉がない状態”をセックスレスと定義しています。また、片方がセックスを望んでいるのに相手がそれを拒み、長期間それが続くこともセックスレスと言われます。厚生労働省と(社)日本家族計画協会が共同で行った調査によると、夫婦の間で1ヶ月以上セックスをしていない割合は全体の35%であり、3組に1組がセックスレスになっているというデータがあります。

セックスレスの主な原因は、仕事や育児の疲労やストレス、精力の減衰、不妊体質、スキンシップの低下、セックスに対する抵抗や環境の変化などであるといわれています。

セックスレスの原因として、夫や妻の態度や見た目が激変したのがきっかけという場合もよくあるそうです。結婚して、立場も変わり、相手に対してネガティブな感情を持つようになり、性欲も減退してしまいます。

また、相手の裏切りなどの原因で、精神的に相手を受け付けられなくなるケースもあります。多くの場合、その原因は浮気。そして、男性よりも女性のほうが、この理由でセックスレスを望むことが圧倒的に多いのです。つまり「私を裏切った男とは関係を持ちたくない」という意識が、「夫は不潔」という感覚を生み、セックスを拒むようになると考えていいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です